エアコンの室内機から漏れる困る水のトラブルの修理

■エアコンで起きる水のトラブル

エアコンから漏れてくる水のトラブルも困る状況です。原因はいくつかあります。エアコンは、水がありそうもない場所ですが、空気の温度を変えたときに、空気中の水分が室内機の内部で水に変わります。内部で結露すると考えればわかりやすくなりますが、暖房をつけたときでも熱を交換するために水を発生させます。このため、水が溜まってしまい水漏れが起こる場合があります。
エアコンの内部で作られた水は、外部に排出されるように作られています。このどこかで異常が起きれば、室内機から漏れだしてしまう場合があるのが問題です。修理するときには、専門業者の技術が必要な場合もありますが、まずは自分たちでチェックしてみなければいけません。

■ドレンホースをチェックする

ドレンホースを使ってエアコンは外部に水を排出していますが、このホースが機能していないと、水のトラブルを引き起こします。ホース内に汚れがつまっていてうまく流れない場合や、途中で折れていて水が流れない状況も考えられるためチェックが必要です。特にドレンホースが何かにぶつかり、長さが適切になっていないときは、修理自体も難しくありません。対処方法は、地面から数センチ上の長さにカットすれば済みます。折れている場合も正常な状態に戻すだけで水漏れは止まるでしょう。
ホースはなかなか点検したりするものではありませんが、困る状況になったときには、正常に流れているかどうか、真っ先にチェックしてみなければいけません。

■内部の汚れもトラブルの元
エアコンの内部で汚れが溜まっているときにも、室内に水漏れを起こす可能性が出てきます。いろいろな汚れも発生する部分ですが、困る水のトラブルになる前に、洗浄するのも必要です。トラブルを予防できる方法ですが、専門業者に依頼すれば徹底的に汚れを落としきれいにできます。問題があれば修理が必要かどうかの判断もつくため、定期的に依頼するのも方法です。
自分で洗浄できるようなものもいろいろと出てきました。熱交換器の部分に汚れが溜まるため、市販のエアコンクリーナーなどを使い洗浄する方法もあります。その際はビニールなどで室内を養生しておくのが大切です。
クリーニングなどをしていても、水のトラブルが出るときには、内部でも異常が出ている可能性があります。専門業者でなければ判断できない部分もあるため、修理を依頼して正常な状態になるようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ