排水口が詰まった!トイレで起こる水のトラブル

トイレで起きる水のトラブルは、問題が大きくなりやすい部分です。トイレのどの部分で異物が詰まったかによっても、状況は変わってきます。特に大きな問題になりやすいのは、異物が詰まった部分が排水管だった場合です。異物が詰まるということ自体も問題ですが、生活に欠かせないトイレが使えなくなってしまうことも問題となってきます。そのままにはできないため、早期に解決していかなければいけなません。

■ラバーカップを使って異物を除去

水のトラブルの中でも、トイレが詰まったと修理業者に依頼が寄せられることが多いです。トイレが詰まって水が流せない状況が続くと、給水の水や逆流した水などが便器からあふれてしまいます。とくに逆流した場合は、被害は拡大してしまうため、早急に改善する必要があるでしょう。
解決方法にはいろいろとありますが、ラバーカップを使って圧力をかける方法があります。これは一般的によく知られている方法ですが、水に溶けるように作られているトイレットペーパーは、そのまま押し流すことが可能です。押し流すことができない異物が詰まっているときには、ラバーカップの圧力を使って引き出せることもあります。お湯や洗剤を使う方法もありますが、これも排水口の径を超えているようなものや、水に溶けないものには意味がない方法です。

■答えは異物を取り除くしかない

トイレが詰まったときには、異物を取り除くしかありません。水に溶けず、どうしても流れていかない異物の場合には、専門業者に依頼して取り除くしかありません。プロの道具であれば、ほとんどのものが取り除けますし、最悪はトイレや排水管などを分解して取り除いてくれます。
異物は決して流さないようにするのが基本です。水に溶けないものを流すことがなければ、こうした水のトラブルも防ぐことができます。
しかし異物を流さないように気を付けているにも関わらず、水のトラブルになってしまうことがあります。その原因が老朽化です。トイレが古くなると、尿石が排水管内部にたまり、排水が通れる部分自体が細くなってしまいます。このような場合は尿石除去剤で対応できる場合もあります。

■まとめ
トイレが詰まってしまえば、使うこともできません。トイレの老朽化が原因であれば、新しいものに交換する方法も効果的でしょう。新しくすることで、尿石の蓄積といった心配も当面はなくなるからです。専門業者に依頼したときには、普段は見ることのできない排水管の内部の状況も確認してもらうといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ