緊急のときに困る水のトラブルに対処する

■緊急時の対処方法

いつ発生するか分からないのが水のトラブルですが、発見したらどうすればよいのか迷わないように、流れを知っておくべきです。水漏れが見つかったら、まず元栓を閉めるのが基本です。そうすれば水自体が流れ出しません。
次にどこから漏れ出しているのかを確認し、自分で修理できるのか不可能なのかを見極めましょう。自分で修理を行えそうなら早急に作業をして、無理そうなら業者に連絡をして、すぐに対処をする必要があります。
連絡をしたら、水で濡れてしまったところを拭き取ります。勢いよく噴出した場合にはビショビショになっているので、ハウスクリーニングへの依頼も検討しておきましょう。最後にあまり知られていませんが、火災保険が適用されることもあるので、請求をしておきます。これが緊急時に困る水のトラブルが発生したときの流れです。

■賃貸住宅なら管理会社や大家に連絡する

持ち家の場合には、水のトラブルが起こったら全て自分で対処をしなければなりません。それに対して賃貸住宅であれば、基本的に管理会社や大家が対処してくれます。そのため、緊急時に備えて連絡先を覚えておくか、電話帳に登録しておきましょう。いつ連絡が来ても困ることがないように、あらかじめ依頼する水道業者を決めているのが一般的なので、すぐに対応してくれます。できれば入居するときに、万が一水のトラブルが発生したら、どこに連絡をするのか聞いておくと安心できるでしょう。
大家に連絡をする場合には、緊急時に留守という可能性があります。管理会社も最近は年中無休が増えているものの、定休日を設けている場合があります。このようなときは自分で依頼する必要があります。ただし修理代は管理会社や大家に請求できることが多いので安心です。

■事前に情報収集を行う
水のトラブルはいつ起こるか予想できません。そこで万が一発生しても困ることがないように、どのような対策を行うのか事前に調べておきましょう。近年は誰でもインターネットに接続できる環境が整えられているので、簡単に情報収集ができる時代です。水漏れが発生したらどうするのか、自分で修理する場合はどのように行うのかという情報も調べられます。
自分で修理できる自信があるならば、事前に必要な部品や工具類を揃えておきましょう。自分で行うのは不安だという人は、緊急時にどこへ連絡をするのか、連絡前には何をすればよいのか確認しておくべきです。そうすれば緊急時に焦ることもありませんし、冷静に対処できます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ