困ることが多いお風呂の水のトラブルは業者に相談しよう

■お風呂場にコバエが発生して困る

季節にもよりますが、コバエが発生しお風呂が使用しづらくなって困るという悩みがあります。一見、水のトラブルと関係がないように思えますが、実は浴槽の下の排水パイプなどに原因があることも考えられます。コバエの発生が起きたら、水のトラブルも原因の一つと考えて対処しましょう。
コバエは小さくなかなか撃退しにくいので困る存在ですが、熱湯とパイプクリーナーを浴槽と排水口にまくことで退治できます。その他にドラッグストアなどに売っているコバエ退治のスプレーをまくことでも効果があるでしょう。しかし、一時的にいなくなってもまた発生することがありますので、排水口の中を念入りに清掃するとよいです。またコバエの侵入口を塞ぐことも重要です。換気のために窓を開けっぱなしにしておくと、侵入される可能性があります。できるだけ換気扇を使用するなど工夫しましょう。

■お風呂の給湯器が壊れる

お風呂の給湯器の寿命は、設置環境にもよりますが、一般的には10年ほどです。年月によって劣化するものであることを理解しておきましょう。凍結などがある地域は、比較的劣化が早いでしょう。劣化のために水のトラブルがあると、お風呂に入れないなど家族全員が困ることになります。お風呂は毎日の心身の汚れや疲れを落とす場所ですから、給湯器の不具合によって使用できなくなることは極力避けたいものです。
給湯器に関する水のトラブルの場合、水回りの修理などを請け負っている業者に相談するとよいでしょう。給湯器の構造は複雑で、部品などを揃えられたとしても素人に修理は難しく、ガスを使っているので危険も伴います。しかし、作業に慣れた業者であれば、すぐに対処してくれ、必要であればガス会社を呼ぶことも可能です。

■お風呂の蛇口も故障しやすい
お風呂の蛇口が外れる、ぐらぐらする、周辺で水が漏れるということもお風呂で困る水のトラブルです。蛇口がきちんと設置されていない程度であれば、自分で修理してみようという人もいるでしょう。しかし、より確実な修理をのぞむのであれば、水道業者に頼む方が確実です。
蛇口の修理はなかなか難しいもので、修理に自信がある人でも途中で諦めてしまうなど断念することも多いです。特に、サーモスタット付き水栓の蛇口や複雑な形の蛇口などは構造が複雑で修理も困難です。無理だと感じたら、すぐに業者にお願いして対処してもらわないと、水漏れなどがある場合は劣化が進み、水道代の加算など困ることになります。そのような事態にならないように、定期的に蛇口をチェックして水のトラブルを早めに発見しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ