困る水のトラブルは専門業者に相談

■水のトラブルは自分で直すべきか

水のトラブルは、簡単に解決できるものとできないものがあります。簡単に解決できる水のトラブルの代名詞は蛇口のパッキンの劣化です。交換する方法は調べるといろいろと出てきますが、家庭にありそうな道具でも十分に対応することができます。困るほど難しいものではなく、特殊な蛇口でなければ、上から順番に外していけば、交換するべき部品も見えてきます。パッキンやカートリッジであれば、ホームセンターでも簡単に手に入るため、特別な知識などはなくても、なんとかできる範囲ともいえるでしょう。
ただし、どこでも同じように修理ができるわけではありません。専用の工具などが必要になるケースでは、困る事態になる前に専門業者に相談する方が、あとの手間まで考えれば得策です。工具を購入しても、ほかで使うことがなければそれだけの費用を掛けてもプラスにならないことが出てきます。

■パイプの交換は加工器具が必要になるケースも

水道管の水のトラブルは、なかなか自分で対処できるものではありません。止水栓や元栓を閉めてから修理をはじめれば、水の流れは止めることができます。少なくても吹き出してしまうようなことはありません。ここからが問題で、配管などが劣化して交換しなければいけないとしても、簡単に手に入るとは限らないからです。既製品で交換できれば問題はありませんが、配管などは加工してあることが多く、交換するサイズに合わないことがあります。交換する際には、ねじ山の処理も必要になり、簡単にはできません。専用の加工器具もなければいけないため、専門業者に相談したほうが素早く修理できます。

■給湯器は専門家に依頼する
水のトラブルで困るのは、見えないエネルギーを使っている場合です。水回りの中でも電気を使い、ガスなどを利用するのが給湯器ですが、目で見て状態を判断できません。故障しているのがわかっても、電気の問題がどこで起きているのか、ガスがどこまで流れているのかは判断できないのは、水のようにわからないためです。下手に修理をすれば、感電の危険性もありますし、ガスで中毒を起こす危険性も出てきます。引火するという状況も考えられるため、困る状況ですが、専門業者に相談して修理してもらうのが一般的です。
どんなに困る状況でも、専門業者であれば知識があり、対処する方法が判別できます。相談することで、初期対応の方法も指示を受けられるため難しいと思ったときでも確実な方法となるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ