困る水のトラブルは専門業者に頼ろう

■蛇口をひねった時に出てくる水にトラブル

水のトラブルには色んなタイプがあります。もしも蛇口をひねった時に出てくる水がいつもと違う場合、何かしらトラブルが起きてしまったと慌ててしまうでしょう。まずは、その水がどんな状況なのか確認してみてください。
水の中に砂が入っているときに考えられるのは、給水管や配管で業者によって工事が行われたときに掃除が手抜きだった恐れがあります。中に残ったままの砂が蛇口をひねった時に水と一緒に出てきた可能性があります。この状態のままでは困るので、早めに洗浄を行うのが一番です。
また、何かが腐ったようなにおいがする場合はその水を飲用や料理には絶対に使わないでください。衛生的に問題が発生している可能性があるので、早急に業者へ連絡を入れるなど対処しましょう。

■いつもと水の状態が違うことは稀

日本は水を安全に使える国なので、蛇口から出てくる水にトラブルがあることはほとんどないと言えます。しかしながら、もしもこんなときはどうしたらいいのかという情報を頭の片隅に置いておくだけでも安心できるはずです。水のトラブルで困るときに必ず役立ちます。
塩素の臭いがしたときは、飲み水や料理に使えるのかとても心配です。日本では必ず塩素消毒することが法律で決まっているので、水道水を安心して飲み水や料理に使うことができます。飲めないほどの塩素の臭いがすることはないものの、人によって臭いが気になることもあるでしょう。そのときは、ボウルや鍋などに水を汲んで暫く置いておくことで、塩素の臭いが発散されて除去できるので試してみてください。

■出てきた水に色がついていたとき
黒っぽい水が出てきたときは残留塩素がごくわずかなマンガンイオンに反応して酸化した結果、配管の中の壁についていた二酸化マンガンが水が流れたときに剥がれて一緒にでてきた可能性が高いです。多くは一時的なものですぐに解消されますが、なかなか解消されないときは専門業者に状況を見てもらうようにしましょう。
水道水が白っぽい場合は、しばらく経つと透明に戻るはずです。水が勢いよくでたときに空気が混じることで白っぽくなることがあります。そのほか、給湯器から水がでたときに白くなるのは、水道水が早いスピードで温められたことによって白くなることがありますが、こちらも心配する必要はありません。もしも時間をおいても白いままの場合は、給水管の中に長いあいだ水が溜まった状態で亜鉛めっき鋼管からでた亜鉛による可能性があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ