困る水のトラブル対策!自分でできる水漏れの修理方法

■水漏れが起きやすい箇所

水漏れは頻繁に発生する水のトラブルの一つです。水が流せないと生活にも支障が出て困る事になり、賃貸住宅であればご近所にも迷惑をかける可能性があります。被害を最小限に食い止める為にも、できるだけ早く修理をしてトラブルを解消しましょう。
水漏れが起きやすい箇所は水道設備によって異なります。キッチンであれば蛇口や排水管、レバーの接続部分、水栓などが考えられます。特にシンク下は発見されにくい為、扉を開けると水浸しになっていたというケースも多くあります。トイレも毎日複数人が使用しますので、トラブルが多い箇所です。タンクや便器、各配管との接続部分から水が漏れ出る事があります。
お風呂場の場合は、蛇口を閉めても水が止まらない、給湯器からお湯が漏れてくるといったケースが多いです。洗濯機では蛇口とホースを接続している部分で発生したり、ホースが外れる、排水つまりといったトラブルも頻繁に起こります。

■水漏れが起こった時にするべき事

水漏れを発見した時、冷静に対応できずに困るという方も少なくありません。水のトラブルは慌てて初動を誤ると、事態を悪化させたり、より複雑化させる恐れがありますので注意しましょう。
水の勢いが緩やかな場合は自分でも対応できますが、あまりに漏れ具合がひどいようであれば、すぐに専門の修理業者に連絡しましょう。
自分で修理する、または修理業者に依頼する場合でも、いずれにせよ水がどこから漏れているのか、早急に発生箇所を特定し、状況を判断する必要があります。まずはそれ以上水が漏れないように、止水栓や元栓を閉めて水道を使わないようにします。マンションやアパートなど集合住宅に住んでいる場合は、すぐに大家さんか管理会社に連絡し、修理対応をお願いしましょう。

■自分でできる簡単な水漏れ修理の仕方
排水管からポタポタ水が落ちて困るという水のトラブルには、すぐにできる修理方法を試してみてください。蛇口や接続箇所から水漏れしている場合、ナットの緩みやパッキン、カートリッジなどの劣化が原因と考えられます。パッキンなどの消耗品はホームセンターで販売されていますので、同じ商品が手に入るようであれば自分で交換することもできます。
すぐには対応できないという場合には、管の水漏れを補修する専用テープを活用しましょう。接続部分や配管のヒビから漏れている場合に有効な方法となります。沢山の種類の補修テープが販売されていますので、状態にあわせて適切な商品を選択すると良いです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ