困るトイレの水のトラブルの解決は業者に任せよう

■トイレの水のトラブルを業者に依頼する方法

家庭で一日に何度も使うトイレは、水の流れが悪くなったり、水漏れしたりといった水のトラブルを起こしやすい場所のひとつです。その多くは、つまりが原因です。トイレが使えないと日常生活に困ることになりますので、つまりの詳しい原因を知って予防するとともに、つまったら速やかに水回りの修理を請け負う業者に依頼するのが得策です。
依頼の方法は簡単です。業者の広告やホームページなどに記載されている電話番号へ電話をかけ、トラブルの内容や住所など必要事項をオペレーターに伝えましょう。その後、作業員が自宅へ出張して修理を行ってくれます。深夜や早朝にトラブルが発生した場合、24時間受付可能な業者を選べばすぐに修理の予約ができます。

■トイレのつまりの主な原因

トイレがつまってしまう原因となるのは、主にトイレットペーパーであるといわれています。最近のトイレは節水できるタイプが主流のため、たくさんの量を流すと排水管の内部にとどまってつまるケースがあります。
困る水のトラブルを起こして業者のお世話にならないようにするには、トイレットペーパーの選び方が重要です。日本のJIS規格にのっとったトイレットペーパーは、100秒以内に水に溶けるように作られています。しかし、一部の海外製の安いタイプのものの中には水に溶けにくい製品もあるため、購入する際はJIS規格のマークがあるか気を付けておきましょう。一般的に、ダブルやトリプルタイプと比べてシングルタイプはもっとも水に溶けやすく、温水洗浄便座用のタイプのように厚手のものは水に溶けづらいこともあります。

■つまりの原因は他にこんなことも
多量、もしくは硬い排泄物を一度に流すと、つまりの原因となります。2回に分けて水を流す、トイレットペーパーを使う前に一度流しておくなどの工夫をすれば、困る水のトラブルの予防になります。
また、異物を誤ってトイレに流してつまらせることもあります。携帯電話やお金のような貴重品は水に流そうとすることはないでしょうが、子どものおもちゃやトイレ掃除用品などのそれほど大切でない物を強引に水で押し流そうとして、逆につまらせる事例は多いです。異物をトイレに落としたら、流さずすぐに取り出しましょう。もしも誤って水を流したら、便器の奥深くに入り込んでしまうと自力では取り除くことが難しいため、業者を呼んで取り出してもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ