給湯器で困る水のトラブル

お湯を作り出してくれる給湯器は、生活に欠かすことができない設備です。そのような給湯器にも例外ではなく水のトラブルは発生します。機械であることから、いつかは寿命を迎え、致命的な損傷も起こす可能性があります。給湯器が壊れてしまうと、お湯が作れないので、自分で水を温めてお湯を作り出さなければいけなくなります。そうなっては困るので、メンテナンスも必要ですし、部品の交換などの修理もしなければいけません。修理が難しい場合や寿命の場合には、本体を交換することも視野に入れておくべきでしょう。

■給湯器もトラブルを起こす

給湯器も機械であり、水のトラブルも発生します。給湯器 交換も必要な時期がやってくるでしょう。代表的なトラブルは、お湯が出ないことです。水は出てもお湯が出ないこともありますし、水すら出ない状況も発生します。どの問題も生活に大きな影響を与えるでしょう。
給湯器には、水が供給されて、ガスや電気の力で温めています。このお湯を配管で送り出していきますが、水が供給されなければそもそも使えません。ガスや電気に問題が出れば、お湯にすることができないでしょう。こうした問題の切り分けをしていくだけでも、原因が見えてきます。

■給湯器はいつ寿命をむかえるか

給湯器は、屋外に設置される機械で、いつかは壊れてしまうのは避けられません。寿命ともいえますが、生産されてから7年から10年経つと、故障は頻発してきます。給湯器 水漏れも起こしやすくなり、内部でも影響が出るようになるでしょう。部品があれば修理もできますが、古い機種の部品はいつまでも生産されることはありません。
一般的に生産開始から10年は部品を作り続けるといわれています。寿命といわれる年数からもわかる通り、だんだんと部品は手に入らなくなり、修理もできなくなってしまうでしょう。この時期になると、給湯器を交換してしまう方が選択肢としても安全になってきます。何とか部品を探し出して修理もできますが、コストを考えれば割に合わないものになるからです。

■まとめ
機械はいつか壊れます。しかし、その時がいつなのかを判断することは簡単ではないでしょう。給湯器も同様で、屋外で使い続けることが中心のため、金属部分が錆びて壊れてしまうことがあります。外装もどんどん傷んでいくでしょう。頻繁に確認する必要はありませんが、時折様子を確認していれば水漏れや壊れて困る前に状態の変化に気がつくはずです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ