蛇口で止まらない水のトラブル

蛇口も時代ともに変化してきており、だんだんと高機能化してきました。自分で修理しようとしても、簡単にはできないほど複雑な構造を持つものも出てきています。現在でも多く使われているツーレバー水栓のような蛇口やシングルタイプであれば、水のトラブルが起きてもそこまで難しいことはありません。水が止まらない状況でも、パッキンやコマの交換で解決できることもあるでしょう。

■水のトラブルが多い蛇口

蛇口は構造からみて水のトラブルが起きやすい部分です。水圧を受け止める部分には、細かなパーツも多く、パッキンやコマなど消耗品の劣化も進むからです。こうした部品を交換しても水が止まらないときには、蛇口 交換が必要になってきます。
ワンレバータイプで水が止まらないときには、レバー自体が破損していることも考えられます。構造上弱い部分で、自由に動かせる代わりに、負担がかかってしまうからです。レバーが破損してしまうと、水量のコントロールができなくなり、水も止まらなくなってしまいます。レバーだけ交換するという方法もありますが、内部の部品が劣化している可能性を考えれば、本体ごと交換してしまう方が結果として長く使用できることもあります。蛇口が破損してしまうと水を止められない状況になるため、まずは止水栓を締めて対応を考えていかなければいけません。

■蛇口にも機器としての寿命がある

蛇口にも機器としての寿命があり、耐用年数を超えてくると、交換を考えたほうが効率的になっていきます。寿命は約10年といわれており、この時期の前後から、だんだんと故障が増えるようなるでしょう。細かな部品を交換しても、蛇口の場合には根本的に直せなくなっていきます。そのような場合には、蛇口を交換してしまったほうが確実に水のトラブルを収められます。
最近の高機能な蛇口の場合、簡単に修理ができないものも出てきました。センサーによって水が自動で出るタイプは、水が止まらないとしても、消耗品の交換だけではすみません。分解してしまって、センサーに異常が出てしまうようなこともあるため、素人では修理も難しいでしょう。水のトラブルがあったときには、専門業者に依頼して修理を進めるのが安全です。

■まとめ
蛇口は消耗品になるパッキンやコマ、カートリッジなどを交換することで、トラブル防止にもつながっていきます。大事なメンテナンスですが、同時に分解して掃除したりするのも有効です。この時に構造を覚えたり、部品の状況を確認しておけば、大きなトラブルになる前に予防もできるでしょう。蛇口に使用されている部品の種類や大きさを覚えておけば、ホームセンターなどでの購入も簡単です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ